​6月

○6月2日(水)​​ 金山町小体連陸上大会(明安小学校グラウンド)

  来年度から統合される町内3つの小学校。有屋小として、明安小・金山小と競い合って記録に挑む大会は今年で最後となりました。5、6年生男女別の計24種目が行われ、有屋小は、競技する選手に対するテント内の見守りや応援でも一致団結し、総じて、自己記録突破を果たす好成績を残しました。平日にもかかわらず、保護者の方々から写真撮りや応援に駆けつけていただきました。

陸上1.jpg
陸上2.jpg
陸上3.jpg
陸上4.jpg

○6月8日​(火)9日(水)10日(木)​ 町内小学校交流(金山小学校)

 来年度の3小学校統合を控え、今年度のうちから3校の同学年児童同士で顔見知りになり、交流し合える機会を設けようと、それぞれの学年が金山小に集まり、学年ごとに様々な交流学習を行いました。接触や密に気をつけて工作や交流ゲームを楽しんだり、英語活動を通じたコミュニケーションを深めたりと、予想以上にはやいペースで仲良くなり、次の合同校外学習・宿泊体験交流を楽しみにする声が多く聞かれました。

DSCF3661.JPG
DSC_0428.JPG

○6月18日​(金)​ 町内小学校4年生校外学習

 3校統合前の事前交流の取り組みとして、町内3校の全4年生がそろって山形方面への合同校外学習が行われました。8日交流会で初対面だった時とはまるで違い、朝から3校分け隔てなく笑顔であいさつを交わし、バス車中、見学施設等でも声をかけながら体験を共有していました。県警察本部、県庁、でん六工場といった見学地では、熱心にメモを撮ったり鋭い質問をしたりと、学ぶ意欲の高さが垣間見られました。

4年校外学習1.jpg
4年校外学習2.jpg

○6月26日(土)​​ 有屋小学校閉校記念校内相撲行事

 すもうの取り組み自体は叶わなかったものの、​​来賓や多くの地域住民の皆さんをご招待して、最後の閉校記念相撲行事が開催されました。地域の全面的な支援を頂きながら続いてきた相撲大会。有屋版相撲甚句に始まり、メインの勇壮な東西横綱土俵入りは、その力強さがTVニュースの特集で取り上げられたほどです。弓取り式や行司・呼び出しのしぐさ・衣装も大相撲さながらで、1~6年全児童25名が手作りの化粧まわしを身にまとい、堂々と土俵入りをした際には、目に涙をにじませて「これで最後、切ない。」と寂しい胸中を語る方々が相継ぎました。最後に、土俵納めとして土俵幕を降ろして、参会者全員で感謝を表しました。

相撲集合写真_edited.jpg