​9月

○防災強化週間 (8月30日~9月4日)
 本校では、9月1日(水)防災の日に合わせ、上記の1週間を強化週間として、8月30日(月)の校舎内外安全点検や、31日(火)の地震時避難訓練を行い、金山町の防災資料の周知や緊急時避難について学習しました。
 地震か洪水か土砂崩れか暴風雪かによって、避難対応は変わり、子どもが学校に居る時か自宅に居る時かでも、何を基準にして行動するかが大きく違ってきます。昼の給食放送中にも「自分の身は自分で守ることができる人になりましょう」と呼びかけるなど、防災学習の話題が今後も継続して発信されます。

〇9月9日(木) 昔語り研究会の方からの昔話講座

 昔話研究会々長の長倉カツエさん、同会の星川美紀子さんが来校し、5校時に1~4年生に昔話と紙芝居をご披露くださいました。昔ながらのお手玉遊びも体験させていただきました。6校時にも、3・4年生の総合学習に講師役で残っていただき、調べたことがさらに深まるようなお話をたっぷりとお聞きすることができました。

昔話①.png
昔話②.png

〇9月10日(金) 稲刈り

 秋晴れ、絶好の稲刈り日和に学校実習田(約3アール)の稲刈りが行われました。5,6年生16名の稲刈り指導にあたったのは、須藤謙・井上秋彦両氏(エコフィールド)と長倉潤氏(金山農協)の3名です。大型コンバインも導入して脱穀処理まで見学できました。ヒメノモチ約60㎏の収穫で、10月24日「竜馬っ子感謝祭」に紅白もちとして全戸配付する予定です。稲刈りの翌々日12日(日)に山形新聞「ワイド地域」にも掲載、紹介されました。

稲刈り①.png
稲刈り②.png

〇9月14日(火) 1・2年生校外学習(新庄方面)

 コロナの感染拡大で、新庄への校外学習の実施をぎりぎりまで検討していましたが、日程を調整して、秋晴れの中、無事実施することができました。実際に現地に行って、自分の目で見て、生の声を聞いて質問して、という本物体験ができたか否かでは雲泥の差です。消防署で見たはしご車の大きさや被ったヘルメットの重さは簡単には忘れないはずです。かむてん公園でみんなで食べたお弁当、自分で切符を買って乗り込んだ電車・その車窓、楽しい思い出が又一つ増えた1,2年生でした。

①.png
③.png

〇9月15日(水) モルック(クラブ活動)

 本来、4年生以上のクラブ活動枠を、有屋小の実情に合わせた特別活動にと、「全校特別活動」をシリーズ化しています。その第1弾が「モルックを楽しもう」です。爽やかな秋晴れの中、縦割りの竜馬っ子班・5班に分かれての同時進行としました。講師は、教育委員会社会体育を担当する高橋章さんと栗田伸一さんです。5,6年生は事前レクチャーを受けていたので、1~4年生に教えながらチーム内で試しのゲームを行いました。2人の講師から、投げるフォームやねらいの方向付けのアドバイスを受けると、見る見るうちに上達する子もいて、後半の班対抗団体戦は大いに盛り上がりました。今後も楽しめるようにと2セットを当分の間お借りできることになりました。

③.png
②.png